freelancer.comを使って英文校正してみた、のまとめです。なんとか無事、英文校閲ができたわけですが、反省とをこめて感想をいくつか、
  • しばらく前までサイトが英語のみだったと思うが、今は日本語に対応している
  • 仕事の依頼等は、英語で書くことになるし、freelancer.comを使う以上、仕事を頼む相手との交渉も英語だと思うので、英語は必須
  • 英語は必須だが、大きくて複雑なプロジェクトで多額のお金が動く、というようなことでなければ比較的簡単な英語でなんとかなる
  • とにかく仕事の内容は具体的に書くことが重要だと思う(一回しかやってないけど)
  • 英文校閲に関して言えば、期限や報酬が適正なら入札者は多そう(英文校閲会社の料金を参考にすると良いと思う。あとは内容の専門性や文章の難易度によって値段を上げ下げする)
  • 入札者は入札希望価格を提示してくる。高いのから安いのまであるので、どの人を選ぶかは自分でなんとかしなくてはいけない。でも、サイトのランキング・推薦システムは優秀かも。
  • ハズレの人に頼んでしまうかどうかは、自分次第なのでそこはプロフィールページなどを見てなんとかするしかない
  • 私が今回運がよかった。というかフリーランサーの層が厚いというべきか。日本人と仕事をしたことのある人が応募してくれており、freelancer.comに不慣れな私にシステムの使い方を教えてくれた上、テキパキと仕事が進んだ(それでちょっとボーナスを弾んだ)
  • 弱点としては、(私の職場の)公費では払えない(公費払いに必要な書類が揃わないため)
  • フルペーパーの論文の場合はいままで通り校正会社に依頼しないと現状ではだめだが、いままでだせなかった短いもの等を英語学習のために自腹でつかうのはありだと思った
また、機会があったら使ってみたいと思います。





 freelancer.comでは、入札者の過去の仕事の履歴などでついたポイントを元にランキング順に表示してくれます。

私は、できればネイティブの人に頼みたかったのですが、ちょうどランキングの一番にでた方がカナダの英文校正をする方でした。それで、その方にお願いする事にしました。プロフィールをみると外国の有名な出版社で英文校正をしたり、日本のたぶんいまならだれでも知っている某研究組織の英文校正を受けたりしている人のようです。

決定すると、ほぼチャット状態で、その方が連絡してきてくれました。

「Milestoneを宜しくね。」的なことが書いてあったので、何のことかと思いました(あらかじめしらべておけよ>自分) Milestoneというと一里塚のことですから、仕事の途中経過がどうかなるのかと思ったら全然ちがっていました。簡単にいうと「預け金」のことです。大きなプロジェクトだと仕事の進み具合に応じて、分割して支払うのでMilestoneと言っているようです。

仕事を受けた側がMilestoneを立てた場合、こちらが同意すると支払いが行われ一旦Freelancer.comがお金を預かります。仕事が終了後に、依頼した側がreleaseすると、向こう側にお金が渡るという仕組みです。

ということで、Milestoneに同意すると、数分後に向こうから連絡してくれました。向こうはどうも夜らしいのですが、
「これだったら寝る前に終わらせることできそうだから、いまからやって送るね。その後、私は寝るけどその間に送ったのをゆっくり見てもらって、それで問題があったら連絡してね。私は日本での仕事を何度かしたことがあって、簡単な日本語ならわかるから、質問は日本語でも大丈夫」 
日本からの業者にそんなこといってもらったことありません。時差があるので相手の就寝時間が何時間後か、わかりませんが、てきぱきとしたやりとりを見ると、なんかすぐやってくれそうです。

それから1時間程度たったところで、終わったと言って帰ってきました。Wordでしたが、ちゃんと校正の記録を残したファイルと、校正記録を削除した完成ファイルを送ってくれました。校正の中身ですが、みたところ普段使っている校正会社に遜色なく、というか普段使っている更生会社のあたりの校正者にあたったのと同等だと思います。意味が取りきれなかった部分などには注釈でコメントも入っていました。

中身に問題がなかったら、今度はMilestoneをreleaseします。つまりFreelance.comに預かってもらっているお金を向こう側に渡してプロジェクトを終了するわけです。中身を確認して問題なかったので、releaseしたら、日本語で「お疲れさまでした」と返されました。

次回は、使ってみた感想を書きます。