Macbook Airにpythonbrewをインストールしました。OSXを最近いじりはじめた私にはなかなか難しかったので、覚書です。

まずは下準備

  1. xcodeをインストールし、Preferenceからcommand line toolsをインストールしておく(実はcommand line toolsだけインストールできる
     

  2. pythonbrewをインストールする。

    ターミナルシェルから、pythonbrewのインストールと.bashrcへの設定の書き込みをする

    $ curl -kL http://xrl.us/pythonbrewinstall  | bash
    $ echo "source $HOME/.pythonbrew/etc/bashrc" >> .bashrc
    
  1. ところが(少なくとも私の)OSXのTerminal.appでは起動時に~/.bashrcが読み込まれない。

    そこで、~/.bash_profileを作成し、下記の設定を記入する。

    if [ -f ~/.bashrc ] ; then
    	. ~/.bashrc
    fi
    

    これで、起動時に~/.bashrcが読み込まれるようになるので、ターミナルを再起動する。これでpythonbrewが使用できるはず。

    pythonbrewのコマンドの詳細はこちらを参照。

  2. pythonbrewでインストール出来るPythonのバージョンを確認

    ターミナルシェルから

    $ pythonbrew list -k
    

    ここでエラーが起きるとすると、pythonbrewに対してPathが通ってない(~/.bashrcが読み込まれていない)可能性が高いです(ただし、私の場合) -k オプションがない場合は現在インストールされているPythonのバージョンが表示されます。

  3. ここまでいけばあとはインストールするだけです。

    ターミナルシェルで、

    $ pythonbrew install 2.7.3 3.3.0
    

    ここでエラーが出る場合、ログが出力されるのでそれを見ろ、というメッセージがでてきます。なかで、Cコンパイラが見つからないのがエラーの原因だとすると、それは恐らく、command line toolsのインストールに問題がある可能性が高いです。

    環境によっては強制インストールにしないとだめな場合もあるようですが、私は通常のインストールでうまくいきました。

  4. Pythonバージョンの切り替えは、

    ターミナルシェルで、

    $ pythonbrew switch 2.7.2
    

一応、動いた。めでたし、めでたし。