暇を見つけて書いていると細切れになってしまうので、これまでのところをまとめて、さらにファイルに書きだしてみます。私的には丁寧目にコードに注釈をつけました。
  • タブ区切りテキストファイル input.txtに、座標と値が、x, y, c という形で延々入力してあります。cはその座標の値です。例えば温度などです。
  • input.txtを1行ずつ読み込んで、x,yの座標とcの値を読み込んで画像ファイルを作成します。
  • 画像のサイズは1000x1000pixelとします。
  • 最期に画像をoutput.pngとして書き出します。
# -*- coding: utf-8 -*-
import Image

img = Image.new('RGB', (1000, 1000), 'white') #白紙の画像を作成
pix = img.load() #ピクセルをいじれるようにロード

#ファイルの読み込み X Y C タブ区切り
for line in open('input.txt', 'r'): #1行ずつ読み込む
    items = line.split('\t') #タブで切り離して配列に代入
    x = int(items[0])
    y = int(items[1])
    c = float(items[2])
    
    if temp <= 0: #cが0以下の判定        
        pix[x, y] = (0,0,255) #青で点を書く
    elif temp <= 10: #cが10以下の判定
        pix[x, y] = (0,255,255) #黄で点を書く
    elif temp <= 100: #cが100以下の判定
        pix[x, y] = (255,0,0) #赤で点を書く
    #cが100より大きい場合は白紙のまま

img.save("output.png") #できた画像ファイルを書き出し   
ちょうど10回目なので、このネタは一区切りにして終わりにします。